アメリカ文学史(17c-19c)

『白鯨との闘い』の感想の前置きとして、今回はアメリカ文学史のことをさらっておきましょう~。

ワタクシは、2008年の巽先生の夏のスクーリングを、インターネットで配信したもので受講しました。ちなみにそれが、慶應通信初めてのE-スクーリングだったんですね。だから、レポートの締め切りがいつなのか、とかが開講後にしか知らされなかったりして、ワタワタしながらまとめて見て、必死でレポート提出!でもそしたら、次の日に先生から直々に講評をいただいて、それ以来すっかり巽先生のファンになってしまいました~☆ 先生、仕事が早いっ(感激)!

アメリカ文学史は、17世紀の、ピューリタニズム(Puritanism)から始まります。巡礼の父祖たち(Pilgrim Fathers)と呼ばれる、ピューリタンの人がヨーロッパから渡って来て、アメリカとしての歴史が始まるので、自ずとその文学も、宗教性を帯びています。

例えば、キリスト教に回心するまでの経緯(Conversion Narrative)や、インディアンに捕囚されたけれど、信仰心があったので帰ってくることが出来たという経験(Indian Captivity Narrative)を語ったりして、物語ができあがります。そしてその物語を流布することで、信仰心をより根付かせようとします。また、アメリカには神話がないので、聖書の物語をなぞらえて、自分たちの行動を正当化したりしたようです。例えば、ヨーロッパを追われて新大陸に渡ってきたことを、出エジプト記になぞらえるとか。

しかし、1692年マサチューセッツ州のセイラムで、いわゆる魔女狩りが起きて、宗教で人を押さえ込むには限界があることが露呈します。もとは、黒人女性が子どもを楽しませるために、ブードゥー教の降霊術めいたことをしていただけなのですが、それが異端だ!ということになり、結果的に150名以上が魔女として告発され、19人もが処刑される事態に発展します。

キリスト教は、信者以外は異端とみなし、排除しようとします。その考え方は、赤狩り、エイズ患者や同性愛者を排除しようとするなど、今も受け継がれています。日本人は、外国からの影響を取り込むのが上手だというのとは対照的ですね… ま、日本は島国だから、外からの影響を拒むという選択権があるという事情の違いもあると思いますが。

ということで、18世紀になると、啓蒙主義思想が起こったこともあり、信仰心が喪失します。例えば、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、ベンジャミン・フランクリンは、雷の正体が電気であることを発見します。こうして、世の中の現象が科学で説明できるようになってくると、神が必要なくなっていったんですね。よって、トマス・ジェファソンは、聖書から、神がかり的な要素を排除したものを出版したりしています。

ベンジャミン・フランクリンという人はかなり面白い人なので、それはまた別の機会に書きますけど、アメリカ建国の父祖たち(Founding Fathers)の一人として、アメリカ独立にも携わった人です。よってこの時代には、文学的にも、束縛から解放されて、独立を目指すという内容のものが多く見受けられます(Republicanism)。そもそも、ジェファソンが原案を書いた、「アメリカ独立宣言」自体も、文学として面白いですよ。それもまた別の機会に。

そして19世紀になると、独立して、東海岸から徐々に西海岸のほうへ領土を拡大していく、という物理的な変化とともに、精神的にも、枠組みを超えるようなものが見られるようになります。いわゆる、膨張主義(Expansionism)、超越主義(Transcendentalism)と訳されるムーブメントです。

例えば、エドガー・アラン・ポーは、『モルグ街の殺人(The Murders in the Rue Morgue)』という世界最初の推理小説を書きます。いわゆる、密室殺人です!しかも、犯人はオラウータン(衝撃)!

ポーについてもレポートを書いたので、その話もまた別の機会に。

そして、やっときました、この時代の代表作の一つとして、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』があるんですね。モービー・ディックを執拗に追いかけていくエイハブ船長の姿は、西へ、西へと領土を求めていく姿と重なるところがあります。しかし、結局エイハブ船長は闘いに敗れ、命を落としてしまいます。そのことは、トランセンデンタリズムにも限界があることを示しています。

ということで、押さえ込まれていた人たちが、自ら立ち上がり、どんどん成長&拡大していくというアメリカ文学の変遷は、いかがでしたか?かなり分かりやすいですよね☆ とはいえ、スクーリングの資料はほとんど英語だったので、DLしながらおののいていましたが、いやはや、慣れるもんですね(笑)。それと、動画を見ながら、何度かパソコンが固まったので、イライラして新しいパソコンを買っちゃったのもこのEスクのときでした(笑)。ということで、次回は、メルヴィルの『白鯨』を紹介しようと思います。

アニメ『文豪ストレイドッグス』

ここ数日、やたらハッピーな気分☆ リハビリ完了です☆

先日、映画『白鯨との闘い』を見たんですけど、その感想を書く前に、前置きとして、『文豪ストレイドッグス』の話を。

このアニメを見たのは、昨年卒論を提出してちょっと時間が出来た12月のことでした。いわゆる文豪の名を冠したキャラが出ている作品、ということで、文学部としては気にはなっていたのですが、忙しくてね(汗)。

内容的には、ヨコハマを舞台に、福沢諭吉が社長を務める武装探偵社の社員… 太宰治、国木田独歩、中島敦らが、異能力を使って、芥川龍之介や、中原中也、ホーソン、フィッツジェラルドといった敵とバトルをする物語。それぞれが持つ異能力は、中島敦なら虎に変身、梶井基次郎なら檸檬爆弾、といった具合で、代表作にちなんでいることが多いです。

Amazonのレビューを読んでいると、内容が薄いとかナントカ、結構真面目に批判している人が多いですが、ワタクシ的には、面白くていいんじゃないですか?って感じ(笑)。しかも、いろいろとキャラが出てくるたびに、これでレポート書いたな~なんて、ちょうど卒業試験前だったので、これまでの学生生活を振り返る意味でも面白かったです。あと、探偵社の社長は福澤先生ですし…声は小山力也さん♪ そしてもちろん、舞台の横浜にはなじみがあるし、卒業式の場でもあるし!ホントに、卒業試験へのモチベーションはこれで随分上がりましたよね!

第1期は、まず国木田さんが素敵で☆ …残念ながら、日本文学はまだ手つかずのところが多いので、読んだことないんですけど、細谷さんの声が素敵で、すっかり虜に♪ でもそれ以上に第2期では、諏訪部さんが声を演じる織田作之助と、太宰、坂口安吾のエピソードが強烈で、その上、外国文学、特にアメリカ文学がたくさん出てきたので、これなら分かる~!とテンション↑↑↑ホーソーンとか、ポオとか…しかも、声は森川さん♪ そして一番テンションが上がったのが、フィッツジェラルド率いるギルドの基地(母船)が、白鯨(モビー・ディック)だということ!!!いやはや、うまく出来てますね☆

ただ、ちょっと気になるところがいくつか。例えば、表記。ワタクシが学んだところでは、ホーソン、であり、ジッド、であり、モービー・ディックと、伸ばすところに、ちと違和感。あとね、モービー・ディックは、原作ではマッコウクジラという設定なんですよ。…あ、補足しておくと、『白鯨』は、邦題で、原作はMoby-Dick。主人公のエイハブ船長が目の敵にするクジラの名前です。邦題通り、普通のクジラと違って白く、またマッコウクジラゆえに頭のところが絶壁で、ホントに不気味な絵を、アメリカ文学の講義の時に見たので…

でも、それに比べて、アニメで見たモビー・ディックは、普通すぎて、強そうには見えなかった(笑)。

でも、1期2期を通して見てみたら、やっぱり太宰さんが印象的でした。実はワタクシ、入学時に、学部に関係する本を一冊読んで論じなさい、という課題で『斜陽』について書いたんですよ。『走れメロス』を除けば、そのとき初めて太宰治の作品を読んだんですけど、イライラしちゃってね(苦笑)、早く死ねばいいのに、とか読んでいて本当に嫌になって(汗)、かなり批判的な文章を書いた気がします。そのときから、太宰はトラウマに(汗)。

アニメ登場時の太宰さんも、死にたがりで、何度も自殺を図ろうとするめんどくさい人なんですけど、気づいたら、ワタクシも死にたがりになってました(汗)。入学時には、ウザイ人だな、と思っていたタイプの人間に、卒業時にはなっているとは!…それくらい、卒論の破壊力はすさまじくて、病みに病んで、死にたい病が炸裂していました(汗)。もう、そのことが衝撃的で(汗)。…あ、最近になってやっと、心の健康を取り戻しました。もう大丈夫ですよ☆

でも、話が進むにつれ、太宰さんがどんどんいい人になっていくんですよ!それに救われましたね☆ 最後には、太宰さんカッコイイ-みたいな☆

ちなみに、アニメを見た後、未読だった作品をいくつか読みました。織田作之助の『天衣無縫』は、想像していたのと違いましたね… そういう自由な感じはイカン(汗)。あと、アニメでは唯一登場したフランス文学なのに読んでいなかった、アンドレ・ジッドの『狭き門』は、なかなか興味深かったです。タイトルは、聖書に出てくる「狭き門より入れ」から来ていて、要は楽な道ではなく、厳しい道を選びなさい、と、それは、ワタクシがテーマとするところの、「敢えて茨の道」と近いです。

という感じで、名作を読んでみるいいきっかけになりますよね。ただ、ワタクシにはどうしても、芥川が繰り出す、「羅生門」が、強そうには聞こえなくて、ちと残念。また、絵的には好みでなかったので、キャラにはハマりませんでしたが、声優さんがとにかく豪華で、至福のひとときを過ごせたので満足です~。ヨコハマの風景も楽しかったですしね!…先日、聖地巡礼してきました☆ 劇場版も見てみたいです~。

知恵を愛求すること「哲学」

最近はすっかりアニメ「スタミュ」にハマって、キャラソンばかり聴いているわけですが(笑)、第1期のエンディングテーマであった「星瞬COUNTDOWN」の歌詞が結構よくてね。特に、

「足りないものがあるから 必死に手を伸ばすんだね」

という歌詞を聴いては、あぁ、ギリシャ哲学やわ~と思うわけですよ☆ ワタクシ、宗教的なものの考え方ってあんまり合わないんですけど、ギリシャ哲学の考え方は結構好きなのです。それというのも、「哲学」のスクーリングと、後に試験の後の講演会で、納富先生に教わったからですね☆

…でも、ブランクがあるので、ちゃんと覚えているか心配(汗)。あくまでも、ちょっとでも興味を持ってもらえたらいいな、くらいのつもりで紹介するまでですので、レポートのネタに使うときにはちゃんと文献で確認してくださいね☆

「哲学」という言葉は、明治になってから初めて出来た言葉だそうです。もともと、ギリシャ語の「フィロソフィア」という語は、「知恵を愛求する」という意味なのですが、日本にはそれに合うことばがなく、明治初期に西周が「希哲学」と訳したものが、後に「哲学」になったと。ちなみに、この言葉は中国に輸出されて、中国でも「哲学」という言葉が使われているそうです。

プラトンの『饗宴』に、エロスは、美と醜、善と悪、神と人の「中間者」であるという表現が出てきます。つまりエロスは完璧ではないので、自分をよくしようと努力します。しかし、すべてを併せ持つものとして、「神」を設定したところが、ワタクシのツボなんですね☆ どんなに頑張っても、神にはなれません。だから、永久に努力し続けるのです。

でも、努力をし始めるにはきっかけが必要です。それに関係するのが、無知の知、プラトンの『国家』に出てくる洞窟の比喩による、向け変えの技術と呼ばれるものですね。

ソクラテスは、アテネの街を歩いて、知ったかぶりの「ソフィスト(職業教師)」をつかまえては、愛とは?善とは何か?と尋ね、相手を論駁します。ほーら、知らないじゃないか、と言わんばかりに(笑)。でも決して、嫌がらせでやっている訳ではありません。普通の人は、他から指摘されない限り、自分が物事を知らないということに気づきません。でも、それに気づくと、人は努力するのです。だから、そのきっかけを作ってあげることが大切なのです。

そのことは一般に、「無知の知」と表現されることが多いのですが、先生は、それは正しくない、とおっしゃっていました。「無知」というのは、「自分が知らないということを知っている状態」、であって、ソクラテスが気づかせていたような「自分が知らないということに気づいていない状態」のことは、「不知」と表現するほうが適切であると。よって、「不知の自覚」という言葉のほうがより正確であるとのことでした。…なるほどね~。

「洞窟の比喩」も同様ですね。

人は、後ろを向くことが出来ない状態で、洞窟の内部に映る影を見ているだけで、太陽という「真実(イデア)」は見ていないといいます。たとえ、仲間の誰かがそこから抜け出して外の世界を見てきたとしても、洞窟の中にいる人は、それが「現実」なのであって、外の世界のことを聞いても、そのことを信じることが出来ません。また、暗闇の中で暮らしていた人たちにとって、太陽は眩しすぎるので、外の世界を見るには目を慣らすことが必要になります。よって、誰かリーダーとなる人が、他の人を外の世界に向けさせるように、導いてあげなければなりません。

ワタクシ自身、社会に出たら知らないことばかりで、自分の無知さを思い知らされました。昔は勉強が好きじゃなかったんですよね(汗)。でもその分、学びたいという意欲を持って改めて大学に入学したら、知ることが楽しくて、まるでスポンジにでもなったかのように(笑)、知識が染み渡っていくのを感じました。…吸い込む、吸い込む☆

そういうわけで、受験生なのに、気合いが入らない、とか、なかなか覚えられない、という声を聞くたびに、きっと「足りない」ってことに気づいてないんだろうな~と思って、事あるごとにこの話をするわけですが、…ちゃんと伝わってるのかな(笑)?

先日関智一さんの『声優に死す』を読んだのですが、人から教わろうと思っているうちはダメだ、「自発力」を持つようになって、相手から聞き出そうとすると、人は成長する、というようなことが書かれていました。ホントにその通りだと思います。受け身ではなく、自発的に勉強するようになると、嘘のように自然と覚えられます☆…年とともに覚えられなくなるなんてことは、今のところ実感したことありません(笑)。

ちなみに、ワタクシが卒論のテーマにした、アルベール・カミュの戯曲『カリギュラ』は、ソクラテスの影響を大きく受けていると思います。ローマ皇帝カリギュラは、愛する人の死をきっかけに「不条理」に気づき、月を欲しがります。「月」というのは「知の象徴」であるとする文化が多いのですが、同時にフランス語で「月を欲しがる」は、「不可能なこと」を意味します。決して月を手に入れることはできません。でもだからこそ、手に入れられるよう努力するのです。

またカリギュラは、「不条理」に気づいていない他の貴族たちのために、あらゆる暴政を行い、「不条理」とは何かに気づかせようとします。そもそも、戯曲という形式自体、ソクラテスが行った「対話」に似ていますよね。…そのことを指摘したら、先生が「いいことに気づきましたね」と喜んでくださいました☆ 結局カリギュラは、貴族たちを敵に回し、殺されることになるのですが、それもまた、ソクラテスが、危険人物だと見なされて処刑されるのと重なるところがありますよね。

10代の頃は、人は何のために生きているのか?と考えては、眠れなくなることがありましたが、この考え方を知ってからは、その悩みから解放されました。ワタクシには、足りないものがたくさんあります。しかも、教えるという仕事をしていると、余計に自分が空っぽになっていくような気がするのです。だから、つまらないことで悩んでいる暇はありません。多いに学ばないとっ!

ちなみに、ギリシャの神々は、アテネが戦争で負けてからは、信じられなくなります…なんだ、守ってくれないじゃないか、と(笑)。そういう合理的な考え方も含めて、ギリシャ哲学は好きです☆