3/27 KAMIJO Dream Live “Symphony of The Vampire” KAMIJO with Orchestra at EX THEATER ROPPONGI

名古屋、大阪と来て、東京です!楽しみにしていた、オーケストラとの共演です!

朝早くから、ワイワイしながら電車に揺られ、初めてのことも体験しながら(笑)、東京着!…ワタクシは、ホテルにチェックインした後、一目散に国立西洋美術館のル・コルビュジェ展へ!!!…あれ(笑)?

dsc_02512365815189409489069.jpgdsc_02504301461482725129874.jpgdsc_02539085089828411028310.jpgdsc_02542505594750718017924.jpgdsc_02552770021824657696834.jpg

ということで、ワタクシは開場時間頃に会場へ。最近名前をよく聞きますが、初めて行く会場でした☆ そして、これまた久々の友人たちとお話をして、開演時間ギリギリにお席へ… 最前列だとは思っていなかったのでビックリ☆ …だって、チケットにはB列って書いてあったし!しかも、かなり真ん中のほう?感謝しきりでございます☆

そして座席の背に、ローズライトと、「本編終了後、点灯してください」とのメッセージが書かれたカードが入った袋が貼られていました。…花びらの色が、お席によって違っていたみたいですね。その色に合わせたライトを点灯するように、という意味でした。

また、目の前には、ビデオとカメラの撮影をする人たちがスタンバイ… 撮影が入っているので、映っちゃうかもしれませんよ?的なアナウンスが流れていました。

…10分押したところまでは時計を見ていたんですけど、結局、おそらくそこから数分経って、暗転。観客が立ち上がります。

 

01. Dead Set World

カーテンが開いて、目の前にはオケのみなさんが一堂に会していました。いつもよりは大きなお立ち台がセッティングされ… っていうか、すぐそこじゃん(近っ)!そしてKAMIJOくんが、下手から黒いお衣装で登場!

 

02. Theme of Sang
03. Nosferatu

大阪のライヴがこの2曲で終わったので、ちょうどそれにつながる感じがして凄くよかったです。いつもツアーで演奏していた曲が、生オケとともに演奏するとこうなります!!!的な紹介みたいでした。サウンドが凄く重厚でしたね~。サポートメンバーのうち、YUKIくんはステージ後方の高台にして、透明な板に囲まれていました… 遮音的なのですよね? そしてオーケストラのみなさんですが… ステージのすぐ下からだったということと、カメラマンさんが常に目の前を行き来していたということから、あまりよく見えませんでした。

 

ーMC-

「僕の夢の中へようこそ~」的な軽い挨拶の後、オーケストラにふさわしいこの曲を的な感じだったかな?…初めにお断りしておきますが、ライヴを楽しむことに専念していたらしく、記憶が曖昧です(汗)。詳細は他の方のレポでお楽しみください、というか、あとで映像でご確認ください(笑)。

 

04. Heart

オープニングから凄くいい感じ!!!ホントにオケとの共演ならではでした。ちなみに、同じ列の方たちを見ると、ローズライトを点灯させたまま振っている方が多かったので、ワタクシも左に倣えです。…名古屋のときに、振り過ぎたのか、1曲も持たなかったので、振り方はかなり慎重(おとなしめ)(笑)。しかも何色にすればいいのかもよく分からなかったので、とりあえず青で☆

 

05. Delta -interlude-
06. Castrato

ちなみにステージ後方には、宗教画(?)のようなものが貼られていて、映像はなし。しかし、ライティングが結構攻めてて、この曲のときだったかははっきりと覚えていませんが、Mekuちゃんのギターソロのときに、カッコイイ照明が当たっていて、見惚れちゃいました☆ 特に、赤色のライトが綺麗でしたね~。あと、ステージがとても広くて気持ちよさそうでした☆

 

ーMCー

この1年やってきた曲を的な感じの紹介で。…ビックリするほどMCを覚えてませんね(笑)。

 

07. Sang I
08. Sang II
09. Sang III (Orchestra only)

Sang IIが終わったところで、KAMIJOくんをはじめメンバーさんたちは退場。オーケストラだけで、Sang IIIの演奏が始まりました。

 

ーMCー

曲を書くときには、自分の声ではなく、オーケストラをイメージして書いている曲もある←これここではなかったかも!? そしてお待たせしました的な感じの紹介から「30分にわたる交響曲を」と。

 

10.Symphony of The Vampire
 Presto
 Sacrifice of Allegro
 Royal Tercet
 Dying-Table
 Sonata
 満月のアダージョ (Mangetsu no Adadio)
 Throne

敢えて、1曲として書いておきました。そうですよ!ついにワタクシは、通しで聴くことができました♪ KAMIJOくんのだけでなく、ワタクシの夢も叶ったわけです♪ 中では、Dying Tableでのオケとバンドサウンドのコラボがよかったですね♪ 何とも重厚で激しい感じが興味深かったです♪ また、Sonataのイントロのヴァイオリンが、目の前で演奏されているのも感動的☆ そして、気持ちよくThroneでフィニッシュ♪

あぁ最高!そしてメンバーさんたちが退場~。…気づいたけど、Mekuちゃんだけは、上手側から出入りしてましたか?広いステージを横切らないようにかな?

ということで、しばしの静寂。。。静寂。。。

本編が終わったら、ライトを点灯するようにと書いてあったけど、それは今なのか!?オケの方々はそのままいらっしゃるけど、照明は暗くなったままだし、これからアンコールなんだろうけど、どうしたらいいの~?とキョロキョロしていたら、隣から「Vive le Roi!」との掛け声が聞こえてきたので、ワタクシもそれに同調。そして、ライトを白色にしました。

そして、白いお衣装のKAMIJOくんが登場。

 

ーMC-

今日はルイ17世、ルイ・シャルルの誕生日です、ということで、お手元のローズライトを点灯してください、とのことでした。…指示通りに点灯すると、客席がちょうどトリコロールカラーになるはずが、白のパートなのに違う色になっていた人がいたようで、「青いなぁ~」とか「いつまでも待ちますよ」とか、お客さんがポチポチと色を変えるのを待ってました(笑)。

そしてルイ・シャルル234歳の(笑)お誕生日のお祝い。まさか、今日本でこうしてお祝いされるだなんて思ってもみなかったでしょう、との流れから(笑)、「Bon anniversary!」…ん?そこは英語なのか(笑)???…ちなみにフランス語だと「Bon anniversaire!」でも、2回もそう言ったから(笑)、そこは意図的にKAMIJOフランス語だったということで(笑)☆

…実はワタクシも、前日誕生日だったので、あわよくば一緒にお祝いしてもらおう的なつもりでいたんですけど、「Bon anniversary」の謎が気になり過ぎて、すっかり吹っ飛んでしまいました(笑)。

そして、「魂が滅んでも」… と言いかけ、ん??と思っていたら、「肉体が滅んでも、魂は滅びず…」という流れになって、あれ間違っちゃいました?…夢の実現で、興奮していたのかな?緊張していたのかな?…そういう彼に、僕の夢を重ね合わせることができて嬉しい、とか何とか、そういう感じのお話でした。

 

11. この世で一番美しい薔薇よ

…いい歌詞ですね☆ …ローズライトがさぞかし綺麗だったんでしょうね☆←後で映像で見るのが楽しみです。

 

12. Louis~艶血のラヴィアンローズ~

そして最後はこれ。とても素敵で、気持ちのいいライヴでしたね~。

 

ということで、最後にKAMIJOくんから、今後も、2度3度とオーケストラとのライヴを行いたい。そのうちデフォルトになるようにしたい、との野望が語られ(笑)、夏のツアーの予定が発表されました。「地方はすべて2daysにしました!」とのことでしたけど、やっぱり最初から決まってたのね(笑)。

そして、オケとやることになって最初に相談したという、「オーケストラマスターのクラッシャー木村さん!」と紹介されてましたけど、「コンサートマスター」ですよ~(小声)。…と、いろいろテンパっている感じが、かわいい(笑)。

ちなみに、YUKIくんがステージ前方に出てきて、MASASHIくんと、両手を体の前でグーにしながら、お疲れさまでした、的な感じで軽くお辞儀をしながら称え合った後、反対側にいたMekuちゃんのほうへも向き直って、同じようにしようとしたのですが、MekuちゃんはまったくYUKIくんのほうを見ておらず、空振りに終わりました(笑) …YUKIくんも、こうなることは予想済みだったのか、気にしていない様子でしたけど(笑)。

そうだ、MASASHIくんのことは全然書いてませんでしたけど、髪がほぼ下がってましたね~。そして、大阪で言っていたように、Anziさんはこれでしばらく一区切りだそうですが、そのことについては全く触れられませんでした。

あと、ワタクシの位置的には、お立ち台の少し横、はつまり、KAMIJOくんやMASASHIくんがちょうど前に出てきてくれるところだったので、…カメラマンさんたちが少し気にはなりましたけど、物凄くよく見えて、ホントに、いいお席をありがとうございました、という感じでした☆

そして、最後に、両隣の人と手をつないで、ジャンプ!!!最高に素敵なひとときをありがとうございました&ライヴの成功、おめでとうございます!!!

 

ということで、Meet & Greet。

ライヴで感動したので、KAMIJOくんとお話しするとき、うっかり涙ぐみそうになりましたよ。とりあえず、やっとSoTVを通しで聴けました~!という喜びと、Dying Tableが面白かった!ということをお伝えしたところ、「また来てくださいね~」と言われました☆

いやはや、よかったですね!!!ホントによかったです!!!ロックも好きだし、クラシックも好きだし、で、他のアーティストさんとオケとの共演というのもいくつか見てきましたけど、音の重厚感が一番凄かったように思います。もともとオケの音を想定して書いているというのもあるのでしょうが、音の相性が抜群でした♪

夏のツアーは、スケジュール的に壊滅的でどこも行けませんが… 仕事的に週末は空けられない(汗)、またタイミングが合えば、KAMIJOくんのライヴに行きたいと思います~♪ みなさん、お疲れさまでした。

dsc_02578228442097904906780.jpg

1+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください