ごとうしのぶ『崎義一の優雅なる生活 忘れえぬ此の花を、此の想いを』

仕事が立て込んでいた週末。夜中に一息ついていたら、Kindleストアからメールが!そうだ!予約してたわっ!頑張ったご褒美に最適☆ と楽しみに読み始めた、この本を。

最初は友人に貸し出され、わけも分からず読み始めたこのシリーズ… 当時はギイくんと同い年だったのに、いつの間にか随分年が離れたものですわ~と思っていたら、大人になったver.が発売されるようになって、ちょっと年の差は縮んだかな(笑)?

ワタクシは、いろいろなタイプの恋愛にあまり抵抗がないほうなので、昔はあれこれBL作品を読んだり、聴いたり、見たりしていましたが、大人になったせいなのか、原点に戻って、小説で読むのがいいなぁ、と思う今日この頃です。

それよりも、この作品は単純に、キャラとか、シチュエーションとか、音楽が好きなので、ずっと読んでいたいですね。

一応、ご存じない方のために… 人里離れた全寮制の男子高を舞台に、出逢いと別れが描かれた「タクミくんシリーズ」からの、再会、そして現在(大人)のお話、が進行中という感じ。

ということで待ちに待っていたこの作品… の前に、同人誌「初夏の麗人2019」も購入していたのでした!

え?真行寺くん?スカウト???

からの、

ワタクシが、特に好きなキャラは、ギイくんと、佐智さんなのですが、冒頭から佐智さん登場~、そして、前作までで、端折られていた部分が、あれこれと詳しく書かれていたので、満足☆ しかも、「タクミくんシリーズ」でもお気に入りだった、九鬼島のお話からの、真行寺くんも登場!あまりにも幸せ過ぎたので、途中からペースダウンして、ゆっくり読ませていただきました♪

みんな、いろいろあって、それぞれの決断をしてきたんだなぁ~と。一方でワタクシは、いろいろと踏ん切りがつかないこともあって、ここのところずっと守りに入っているので、タクミくんのいざというときの潔さ、肝が据わっている感じは、見習いたいなぁ~。

それともう一つ印象に残ったのは、人付き合いが苦手だったはずのタクミくんが、人と人との橋渡しをするのが楽しい、と言っている場面。自身が大きく変わっただけでなく、周りの人たちも変えていく、不思議な魅力の持ち主ですね~。

ワタクシも、今では、人が変わっていくのを見守る立場でいることが多いですし、共感しました。ま、それ以前に、ワタクシは変化を求めるタイプなので、いろんな物事が変わっていくのを見るのは楽しいです☆ 今のアラタさんは、どうなってるんでしょう~… お仕事のことはさておき、相変わらずな要素が多そうな感じですが(笑)。

ということで、まだ絶賛エピソードの途中なのですが、次はいつ出るのかな?ギイくんと佐智さんの絡みが見たいし、タクミくんの演奏がどうなるのか楽しみだし、アラタさんが来なきゃ話にならないでしょ!って感じだし、いろいろ楽しみですね。まぁ、気長に待つことにしますよ(笑)。

1+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください