卒業、そしてその後

今日は母校の卒業式だったはずが、中止になってしまったため、YouTubeの配信で式の様子を拝見いたしました。加えて、Facebookには、過去の投稿を紹介する機能があるため、3年前のあの日、ってことで、久々にいろいろとお写真を見て、懐かしい気分に☆

ということで、卒業式の思い出、そして、卒業してから今までのことをちょっと振り返ってみたいと思います。

―卒業式の思い出―

思い返すと、大学の卒業式が一番嬉しかったですね。それはやっぱり、在学中にどれだけ頑張ったか、ということに関係しているように思います。

幼稚園… 記憶にない。

小学校… 単純に卒業式慣れをしていなくて、終わったあと一番泣いた。(道を挟んで向こう側の中学に進学したので、何も悲しむ必要はなかった(笑))。

中学校… 予行練習のとき、担任の先生がワタクシの名前を呼び間違えたので返事をしなかったら、「先生だって緊張するんだから、本番で間違えても返事をしてくれ」と頼まれた(笑)。本番の記憶はまったくない。

高校… 放送委員会に所属していて、日頃は朝礼など集会に参加していなかったため、校歌の歌詞が分からず、じっと校歌の歌詞が書いてある額を見上げていた(笑)←地元のケーブルテレビのカメラが回ってきたので、やばいっ!と思って(笑)。

短大… 振り袖を着ていった。でも式自体は全く記憶にない。

というのも、短大まではあまり頑張って勉強をしなかったし、そもそも学校自体があまり好きではなかったので、とりたてて感慨深いものではありませんでした。…ただ涙もろいだけ(苦笑)。

でも、大学のときは、頑張りましたよ!仕事と両立させながら、通信教育課程で、約15年かけて卒業しましたからねっ!式の最中、あれもこれも、と思い出が駆け巡って、何度も泣きそうになりました。そのときの記事はこちら→「卒業式

…今日の式でも、「内、通信教育課程は〇〇人」って紹介してくれてましたよね。あれ、本当に嬉しい☆

それだけに、今年の卒業式が中止になってしまったのは非常に残念です。…中止は、東日本大震災のとき以来ですね。卒業式って、特に女の子は、袴姿でおめかししたりと、楽しいイベントなので、楽しみにしていた人も多いのではないかと思います。

↑新しい日吉記念館、綺麗ですね☆ 行ってみたい☆

 

―卒業式で印象に残った言葉―

ワタクシ自身が出席した卒業式で、印象に残ったのは「慶應義塾は、卒業してからが面白い」というお言葉を何度も頂いたことです。慶應義塾には、「三田会」という塾員(卒業生)が所属する会があり、早稲田などと比べると、横のつながりが強いと言われています。

…卒業後、評議員選挙のお知らせが届きましたが、それぞれの肩書が凄かった!日本の経済や文化の中心にいらっしゃる方々ばかり!

そんなわけで、ワタクシも、卒業したらいいことあるかな~と思っていたのですが、それは必ずしもみんなに当てはまるわけではない、ということが痛いほど分かる、この3年でございました。

 

―卒業してよかったこと―

はっきり言って、いいことは、ほぼありません。それは、ワタクシが田舎に住んでいるからだと思われます。

「慶應卒」だと言ってみると、大きく分けて2つの反応が返ってきます。

1、慶應ってどこ!?そこって難しいの?とピンとこない場合。
2、勝手に意識高い系だと思われて、ドン引きされる場合。

慶應の塾生(学生)って、関東の人が多いので、身近なところにあまり卒業生がいません。それに地理的な問題もあって、ワタクシが住んでいる福井県では、大学っていうと、関西の大学を目指す人が多いです。さらに、地方には国公立崇拝傾向がありますし、何せ不景気なご時世ですから、関東の私立大学を考える人はまずいません。つまりは、「慶應義塾大学」という名前にも単純に馴染みがない。

…関東に引っ越したい。

 

―卒業して変わったこと―

これは大学のこととは直接関係ありませんが、ワタクシは大学卒業を機に、正社員になりました。それ以前は、2つバイトを掛け持ちしていて、朝~昼すぎに1つめのバイト、帰宅後昼食と仮眠をとって夕方~夜に2つめのバイト、それが終わって深夜~ファミレスの閉店時間まで学業に勤しむ毎日でした… 在学中の睡眠時間は、常に3時間台でした。

しかし働き方改革が広まってきて、2つめのバイト先で、正社員にならないかと声がけをしてもらったんですよね。ワタクシとしても、ちょうどタイミング的にも生活を変えたかったので、気持ちが大きく揺らぎました。

ただ、ここで問題が。

副業禁止のため、正社員になると収入が激減する。

でもワタクシは、卒論が仕事の繁忙期と重なって、精神を病みに病んでいたので、しばらくはあまり仕事をしたくなかったんですよ。それに、最低限の生活の保障がほしかったんです。それで、安定を選んでしまったわけです… そこからが地獄の始まり(苦笑)。

「正社員」っていうと、カードの審査が通りやすいとか、いろいろメリットもあると思いますが、収入が減るというのは如何ともし難い(汗)。…そもそも、性格的に、暇なことと貧乏なことはどうもワタクシには合わないようで、時間はあるけど、遊びに行けないというストレスは、予想外に大きくなり、秋ごろにはまた鬱に。。。

あれですよ、マズローの自己実現理論。経済的安定が得られないと、なんもできなーい!!!

それで、少なくとも、精神的にだけでも豊かになろうと、仏検とか英検を頑張ってみたり、仕事のスキルアップのために、あれこれ勉強したりしてきましたが、毎日大変です(汗)。

この点においては、まだ在学中のほうが、レポートとか試験に合格すると、評価してくれた!!!努力が報われた!!!ってことで、喜びを得られていたので、何も刺激がない毎日はツライ。。。

あと、在学中に比べて、そこまで熱心に勉学に励むことができない(汗)。…ワタクシは、締切がないと火がつかない、基本だらしない人間なので、すぐ眠くなっちゃってもう(苦笑)。それもあって、在学中のように、できるだけ家にいないように、お外で勉強するようにはしています。

 

―今後のこと―

でも、大学で過ごした15年は、ホントに充実していました。そもそも知的好奇心が旺盛な人間なので、新たなことを学ぶのは非常に楽しかったですし、ワタクシは目標が高いほうが燃えるタイプなので、自分自身を一段階も二段階も引き上げてくれる、いい場所でした。

でも、仕事が忙しかったので、あまり学業に時間を割くことができず、また卒業がかなり遅れたこともあって、少なからず劣等感を抱いた時期でもありました。

そんなワタクシの今後の目標は、居心地のいい場所、を見つけることです。

さっきも書いたように、ワタクシにとって今住んでいるところは、決して居心地の良い場所ではありません。だから、会社辞めます!って思い切って言えたらいいのにな(笑)。

でも、このまま人生を終えるのも、負けた気がして悔しいので、あれこれ画策中ではあります… ちょっと事情があって、おおっぴらには書けませんが(笑)。

ワタクシにとって、居心地のいい場所はどこなのか?…個人的には、横浜がものすごく好きなので、横浜に住みたいです☆ ただ今は、インターネットに接続できれば住む場所はあまり関係なかったりもするので、そのあたりもふまえて、今後の人生を考えていきたいです。

その可能性を少しでも増やすためにも、今は英語を頑張るかな!…昨日、そろそろ英検を申し込もうと思ってサイトを見ていたら、また値上がりしたのね!!!10,300円って、高すぎない!?…でも、他の検定だともっと高いものもあるし、この値段を見たら、次は合格したい!という思いがメラメラと立ち上ってきたし、履歴書に書けること、そしてブログに書くネタを増やしたいので(笑)、頑張ってみようと思います!!!

ということで、最後に改めて、大学生活で学んだことを思い出しておこうと思います。

 

やればできる!!!
評価してくれる人はいる!!!

 

あの楽しかった学生生活を上回るような感動を得たい!…もちろん、次は法学部に行きたい、という夢も継続中です☆ が、大学で学んだことを実生活で役立てたい!そしてそれが大事だと思います!…実学ってヤツね☆

というわけで、いろいろと振り返ったり、今後のことを考えるいいきっかけになりました☆

改めて、今年卒業された塾員のみなさん、ご卒業おめでとうございます☆
そして、在学中の塾生のみなさん、卒業目指して頑張ってください☆

 

2+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください