アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』(2015)

ふとTwitterを見たら、細谷さんの告知を発見。タイトルは聞いたことがあったけど、実際見たことはなかったので、久々にテレビで映画を見てみました。

ー『心が叫びたがってるんだ。』(2015) 声の出演:水瀬いのり、内山昂輝、雨宮天、細谷佳正ー

ーあらすじー

おしゃべりのせいで人を傷つけてしまった少女は、それがきっかけで思うように話せなくなる。その後、高校の「地域ふれあい交流会」にクラスで出演することになったのをきっかけに、言えない言葉を音楽に乗せて届けることに。しかし、交流会当日…。

 

ー感想ー

予備知識もなく見始めたんですけど、冒頭から驚きの展開、からの、途中から胸熱で、気づいたらすっかり映画に引き込まれていました。

ワタクシにも、言いたいけど言えない言葉がたくさんありますね。…主に、言うと面倒なことになるから言わない、というパターンが多いかな(汗)。でも、メロディーに載せたら言える、っていうのもわかりますね~。ワタクシも何気に、日常的にミュージカルっぽく(笑)?その時の心境にぴったりな歌詞がある曲を口ずさんだりしますからね~♪

また、曲のアレンジが、そう来るのか!という感じで楽しくて、舞台のシーンをちゃんと見てみたいとも思ってしまいました。

でも、一番大事なポイントで、そうなるのか、、、とちょっと引いてしまったのは、ワタクシが大人になりすぎたからですかね(苦笑)。…でもその後の、田崎くん(CV:細谷さん)がかわいすぎたので、まあいいか(笑)☆

 

ーいつまでも青春!?ー

と、映画自体は楽しく見せていただいたのですが、ふと思ったのは、すっかりいい大人になってしまったのに、何故にいつまでも、高校が舞台の作品を見ては感動することができるのか、ということ(笑)。

まあそれは、日頃お仕事で中高生と関わっているからですかね~。だから、実際の高校時代はそれこそ遥か昔なのに、生徒さんたちの話を聞いていると、自分も高校生気分になってしまうというか、精神的にはそこから成長していないというのか、何というか(笑)。

でも、純粋な気持ちで頑張ってる子たちを見て刺激を受けるって、いいことじゃん(笑)?

 

ー評価ー

ということで評価は☆☆☆☆4つ。

余談ですが、主人公が「坂上拓実(さかがみたくみ)!」と男の子の名前を呼ぶシーンがあるのですが、この名前めちゃめちゃ言いにくくないですか(汗)。…言いにくいからこそ、言う意味があるのか。。。

いろんな意味で結構リアルで、純粋な気持ちばかりでもないところもよかったですし、見てよかったと思います。

でもワタクシ自身は、一言余計なことを言ってしまうタイプなので、心の叫びをそのまま出したりしないようにしておきますね(笑)。…まぁ、ブログを書いている時点で、ストレスをためない程度には出してるか(笑)。

+2

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください