映画『マクベス』(2015)

相変わらず、やらなきゃいけないこと満載で、ワタワタしております。。。

マクベス [Blu-ray]

以前「英米戯曲研究」のスクーリングで『マクベス』について学んだとき、シェイクスピアの作品は日々舞台化or映像化されるので、ライフワークとして今後も研究を続けるようにと言われたことをきっかけに、それ以来、シェイクスピア作品が放送されるときには、とりあえず見るようにしています。

まずは、『マクベス』という戯曲についての紹介を…以降、髙宮先生の受け売りです(笑)☆ シェイクスピアの四大悲劇のうちの一つで、2時間くらいで上演できるとても短い戯曲であることが特徴です。ストーリーを物凄く簡単に説明すると、スコットランドの将軍マクベスが、3人の魔女から「いずれは王になる」と予言され、王ダンカンを殺し自らが王になる。しかし暴政を行ったため、最終的には殺される、と。

そもそも、シェイクスピアの「悲劇」というのは、単に悲しいお話なのではなく、主人公の意志が弱いために誤った人生を歩んでしまい悲しい結末を招くという意味です。マクベスに関しては、もともと有能な将軍だったので、そのうち王になれたかもしれないのに、予言を聞いて欲に目が眩み、殺人を犯してまで自らが王位に就いたばかりに、結局は自らが命を落としてしまうという点において「悲劇」ということになっています。

ちなみに『マクベス』の上演作品として、世界的に評価が高いものが3つあると教わりました。1つめは、ロマン・ポランスキー監督の映画『マクベス』、2つめは、黒澤明監督の映画『蜘蛛巣城』(翻案作品)、そしてもう1つは、蜷川幸雄さん演出の『NINAGAWAマクベス』だそうです。…初めの2作はスクーリング後見ましたが、蜷川さんの作品に関しては、講義中に一部を見せていただいたのみです。

ということで、この映画に関してですが、まああまりにも有名な作品だから、ということもあるのか、説明がほとんどなされないので、ストーリーを知らないとついて行けないかも知れません。かく言うワタクシも、ストーリーは知っていたものの、ちょっと気を抜いていたらこの人誰だっけ?ということになり…みんな小汚い格好をしてる上、そもそもワタクシはなかなか人の顔を覚えられない(汗)。それでなくても、マクベスとか、マクダフとか、マルカムとか、「マ」から始まる人が多くて覚えづらいよね(汗)。

印象に残ったシーンとしては、マクベスの家。普通はお城なのですが、テントだったこと!これは、制作費の都合なのか(笑)!?でも、戦場だったということを考慮すると、それもありなのかな?

次に、マクベスがとにかく悪人であるということ。実は、ダンカン王を殺すようにそそのかしたのはマクベス夫人なので、ワタクシ的には、マクベス夫人がとにかく悪い人、という印象を持っていたのですが、殺すように言われたあとは、マクベス自らが非道な行為を重ねていくように描かれていたので、同情の余地なし!という感じでした。しかしそれ故に、手を洗っても洗っても血を落とせない、とマクベス夫人が病んでいく、原作で印象的なシーンがさらっと流されてしまうので、ちょっと残念でした。

残念ついでに言うと、「森が動く」という印象的なシーンが、これまたさらっと流されてしまいましたね。…燃えてる煙が風に流されているところが、森が動いているように見える、と捉えたらいいのかな?

そして、冒頭でマクベス夫妻の子どもの葬儀が行われ、また夫人が発狂していく過程で、幼くして亡くなった子どもが出てくるところに関しては、『蜘蛛巣城』で子どもを流産したことがきっかけで一層精神を病んでいく、という見事な演出が加えられたことを取り入れたのかな?と。

三人の魔女に関しては、三人だけでなく、他にも誰かを連れていたのが印象的でした。確かポランスキー作品では、年齢の違う三人を配役して、過去、現在、未来っぽい感じを演出していたと思いますが、この作品では、子どもを連れてきたり、赤ちゃんを抱いていたり、バンクォーの息子と一緒にいたり。あれはどういう意味なんでしょう?

ということで、なかなか興味深い作品でしたが、シェイクスピアは奥が深すぎて、ムズカシイ。…シェイクスピア作品は結構いろいろと見たので、卒業前に、難関科目と評判の「シェイクスピア研究」に取り組もうと思っていたのですが、時間が足りなくて叶いませんでした。。。でもシェイクスピア作品とお付き合いするのは楽しいので、今後も機会があれば見てみたいと思います☆ 

余談ですが、先日慶應義塾から「三田評論」が大学から送られてきたのですが、髙宮先生が一筆書かれていたので、懐かしさでいっぱいになりました☆ そんな折、この映画を見たので、感慨もひとしお☆ ワタクシが大きく影響を受けた先生、ベスト3の一人は髙宮先生です。二度もスクーリングを受講しましたしね…二度目のときは試験前日から熱が出て、凄く大変だったこともいい思い出です(苦笑)。未だに、先生から教えていただいたことを、あれこれと仕事の際に語らせていただいておりますよ。ありがとうございます☆

0