映画『白鯨との闘い』

さて、やっと辿り着きました(笑)!いよいよ映画の感想です。

白鯨との闘い [Blu-ray]

とはいえ、この映画は、『白鯨』を映画化したものではなくて、メルヴィルが巨大なクジラに襲われたエセックス号の生存者に、実際にあった出来事を聞きに行き、それを元に『白鯨』を書き上げる、というストーリーです。

ポイントとなるのは、生存者であるニッカーソンは、メルヴィルに、「あなたの期待には応えられない話で申し訳ない」的なことを言うところ。そうです、太平洋のど真ん中でクジラに襲われ、何ヶ月も漂流してやっと帰還できたとなると、さぞかし激しいバトルが繰り広げられ、スリルとサスペンスを味わったんだろう、という想像をしてしまいますが、事実は意外と地味…いや、それは予想とは違うレベルで過酷な闘いが繰り広げられたということだったんですね。そういう意味では、メルヴィルの『白鯨』も、バトルシーンよりは、クジラの生態などの描写にページの多くが割かれている点に関して、予想を裏切る展開かもしれません。

とはいえ、さすが映画!小説では伝わらない情報をたくさん与えてくれます。そもそもワタクシは、捕鯨というものがどういうものかよく分かっておらず(汗)、どうやってクジラを仕留めていたのかがうまく想像できなかったのですが、予想を遥かに上回る危険な行為でした!それこそ、『ジョーズ』を見ているかのようでしたよ。あんなにも大きなクジラに、あんなにも小さな船で挑むなんて、生き返ってくるのが奇跡です。

そして漂流シーンでは、『ライフ・オブ・パイ』みたいな感じでしたが、あの映画はいろいろと深くてインパクトが大きすぎたので、それに対してこの映画ではさほど驚きはありませんでした。それでも、あのシーンは…、見てて辛いものがありましたね。やっぱり、そういうときこそ試されるのが人間性で、一等航海士は魅力的な人物でした。…スターバックさんのモデルとなった人ですね☆

余談ですが、この映画に出てくる白鯨は、ホントに不気味でした。あまり白くなくて、傷だらけなところもリアルでした。でも、ワタクシ、シロイルカは大好きなんですよ!…おっきい抱き枕がいるくらい(笑)☆ そして、イルカとクジラって、サイズで分類しているだけで、種類としては同じなんですよね…でも、あの白鯨くんは嫌だなぁ。怖すぎる。。。

ということで、メルヴィルの『白鯨』を振り返るきっかけにもなり、捕鯨シーンを見ることもでき、オクラは英語だったんだということを知った(笑)!興味深い映画でした。…でもあんな、太平洋のど真ん中で漂流なんてしたくない。。。生きているって、素晴らしいことですね。

あ、ちなみに、今検索してみたら、船長さんの吹き替えは置鮎龍太郞さんがされているんですね!来週WOWOWさんで、吹き替え版が放送されるようなので、サクッと予約しておきました☆…船長さん、かなりイヤなヤツだけどね(汗)。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください