映画『マイ・ベスト・フレンド(原題:Miss You Already)』(2015)

あー、久々に泣きましたね。

マイ・ベスト・フレンド [Blu-ray]

小学生の頃からずっと親友である、ミリーとジェスは、いつでも一緒☆ しかし、ミリーに乳がんが見つかったり、ジェスは不妊治療を受けたり、それぞれの問題が進展していって、ついには大ゲンカ!…それでも二人は、大事なときには真っ先に駆けつける、唯一無二の親友☆

病気の問題が出てくるわけですが、湿っぽくならないのがこの映画のいいところです。ま、教育上よろしくないジョークが飛び交ったりするわけですが(汗)、それこそリアルな感じがしますよね。悲しんでいるばかりではないと思います。

そして、泣けた、というのも、悲しくて泣けたわけではなくて、お互いの大事なときにそばにいれてよかったね、という喜びの涙です。エンディングも、一瞬頭をよぎった、あまりにも劇的な展開ではなく、心温まるシーンになっていました。

イギリスを舞台にした映画なのですが途中、『嵐が丘』の舞台となる荒野を見に行くシーンが、文学部出身としては興味深かったです。英文学って、自然が出てくることが多いです…T・S・エリオットの詩も読みましたね~。荒涼とした土地、ってこんな感じなのか~。

話を戻して、レビューを見ても分かるように、男性には受けなさそうな映画です…確かに、この二人の旦那さんたちは、それぞれ大変(汗)。でも、ワタクシは女性ですし!引き込まれて、一気に見てしまいました~。

何か最近、やたらヘヴィーな映画ばかり見ていたので、久々にホッとできてよかったです。親友って、気を遣わなくても勝手にタイミングがいいから、いつもはあんまり気にしてないけど、これからはもっと大事にしようと思います。

見ているアニメとか、好きな声優さんとか♪

やる気さんがバカンス中のようなので(苦笑)、テレビをつけてみました。。。

そう、今期は、火曜の夜にビデオがよく回ってるようです。いえ、基本テレビを見る習慣がなくて、ビデオが毎回録画などで撮りためてくれているのを上から順番に1.3倍速で見る生活です←時間短縮のため。というわけで、どの番組がいつ放送されているのかよく知りません(笑)。

で、ほいっと再生を押すと、梶裕貴さんと下野紘さんが出てて、京都かぁ~って見てたんですけど、やたら梶さんがしゃべってる!?あ、「下野紘の目覚めしもの」ではなくて、「声優だって旅します」だった(笑)。同じ時期に、あっちの番組にもこっちの番組にも出てる人っていますよね。ぼぉーっと見てたら見事に混乱してしまったようです(笑)。

という感じで、最近はやたら、アニメや声優さんの番組を見てますね。元々は、アニメに凄く疎い人間だったのですが、声フェチなので、声優さんにはチラホラと興味があり、去年、「森川さんのはっぴーぼーらっきー」を見て、こんな声優さんがいらっしゃるんだ~と興味を持っていた頃に、卒論を提出してアニメを解禁!そしたら、「あの人出てるっ!」という感じになったり、いろいろアニメを見て気になる声の人を調べてみたら、同じ人だった!ということが起こったりして、更に、次のクールにも出ると聞きつけては見てみることにしたり、そしてまた違ういい声の人を発掘したり!と、何だかすっかりアニメをよく見る生活になってきました(笑)。

で、今見ているラインナップはこんな感じ。大体、ウチの地域で放送されている順…BS、CS、地上波いろいろですけど、です。

潔癖男子!青山くん

置鮎さんが好きで見てます!出ていらっしゃる声優さんは、どの方もわりと年季が入ってるので楽しいですね(笑)。平川さん、森久保さん、浪川さん等もゲストで出ていらっしゃいましたね~。あと、ラジオ「潔癖ラジオ!置鮎くん」も聞いています♪…ホント、置鮎さんの声好き♪ 「ボイきら」の統くんは、超かわいい☆ はさておき、そろそろお部屋を掃除しないと…。

Fate/stay night

後述の、Fate/Apocryphaのストーリーを知るために見てます。わりと普通に面白いし、諏訪部さんいい声~♪

声優だって旅します(1期)

4月からアニマックスで2期が放送されて全部見たんですけど、1期ってどうだったんだろう?と気になっていたら、ちょうど7月からKBS京都で放送されるではないかっ!ということで、見ています。諏訪部さん×岡本さん、浪川さん×KENNさん、梶さん×下野さん&森久保さん←今ここ。いいね、お出かけしたくなりますね♪

妖怪アパートの幽雅な日常

最初は見るつもりなかったんですけど、ちゅんちゅんちゅん、の小鳥たち(鳥1杉田さん、鳥2子安さん、鳥3森川さん)の破壊力が半端なくて、結局見ることに(笑)。子安さんのちゅーん、がかわいい☆ 森川さんの本役、龍さん素敵~。いい声~♪ あと、時々遊佐さんも出てますね~♪

バチカン奇跡調査官

諏訪部さん目当てで見始めたんですけど、胡散臭い奇跡を、神父さんたちが科学的に解明するところが面白いです。で、やっと、遊佐さんも登場~!麗しい~!と思ったら、もう退場~(悲鳴)!

名探偵コナン

これは昔からずっと見てるので(笑)。そういえば、この春、WOWOWさんで、劇場版が全部放送されたときに、見てなかったものも全部見ました~。このときほど、WOWOWに加入しててよかったと思ったことはなかった(笑)☆ 置鮎さんは、綾小路警部、沖矢昴さんで、森川さんも、羽田名人で、たまに出ていらっしゃいますね。遊佐さんもちょっと前に、出てましたし、何気にいろんな方が出ていらっしゃるので、見逃せません☆ 

Fate/Apocrypha

諏訪部さんも、置鮎さんも、遊佐さんも出てるし、アーサー王や聖杯も好きだし、ってことで見始めたんですけど、未だに話がよく分からない(汗)。

異世界食堂

これまた諏訪部さん。諏訪部さんいっぱい出てますね~。そしてまた、夜中に見ると、おいしそう~!ってなるわりに、だから何!?っていう結末なんですけど、おいしそうに食べる人を見るのが好きなので、見てます(笑)。

下野紘の目覚めしもの

声優さんが次々登場されるということで、見始めました。初回は諏訪部さん←またも(笑)☆ その後、岡本さん←バチカンも、声旅も出てるし(笑)、平川さん←DIYの回で、ダイスケ(D)、イツデモ(I)、ヨウキ(Y)!とおっしゃっていたのがツボってしょうがない(笑)、今度は浪川さんですね。先日まで声旅で楽しませてもらってたり、青山くんに出ていらしたりで、またもブーム♪

ボールルームへようこそ

森川さんが出ていらっしゃいます♪ 絵は好きではないんですけど、社交ダンスって興味あるし、岡本さんも出てますし、見てますね~。

ということで、声優さんの好みに大きく左右されたラインナップになっております(笑)。あと、『スタミュ』のBlu-rayも、ドラマCD目当てでボチボチ揃えています。アンシエント編、前華桜会編は爆笑の嵐(笑)。

ワタクシの中では、森川さんは別格なので!声を聴ければ、それだけで幸せ~♪ ってことで、とりあえず見ることにしています。特に、低音攻めが好きです♪ でも、外画の吹き替えは、あまり得意ではない←森川さんは大好きだけど、それ以上に、英語を学びたい欲求が強いようで(笑)。そういえば、この間まで放送されていた『プロジェクト・ランウェイ14』に出ていらして、思わず巻き戻しましたよね♪

あと、他に好きな声優さんとしては、鳥海さん、細谷さん、小野大輔さん、前野さん、などなど、いわゆる低くてイケボな方々は、あ~、たまらん~♪ です☆

髙見澤俊彦『音叉』(オール讀物9月号)

高見沢さんが小説家デビューすると聞いて、へぇ~!読みたい!…でも、kindle版ないの(うーん)とすっかり出遅れていましたが、お仕事帰りに本屋さんに寄り道~。久々アナログな感じで紙の本を買って、これまた諸処の事情で、久々に現金で支払い(笑)←普段はいつも電子マネー派、何だか慣れないことをしたおかげで、ちょっとドキドキしながら帰ってきました←単にものぐさなだけとも言う(笑)。

オール讀物 2017年 09 月号

さて、肝心の高見沢さんの小説ですが、舞台は1973年、バンドデビューを目前に控えた大学生が主人公です。ということでもれなく、アルフィーさんのネタが随所に散りばめられていて、思わずクスッと笑ってしまうシーンもいくつか…特に、要所でギターのコードが響き渡るところが面白い(笑)♪

もう、ワタクシにとっては、高見沢さんは憧れのお方ですから!特に高校のときは、高見沢さんオススメの音楽を聴いたり、本を読んだりして…はい、そういう勉強は頑張りました(笑)けど、さすがにね、明学に行く、というか、そもそも東京に進学する、なんてことは端から考えていなかったので、まさかその後、めぐりめぐって東京の大学に通うことになり…ウチの大学の正門からまっすぐ歩いて行くと明学に着くということを知って!嬉しそうにお散歩しに行ったことを忘れられるはずがありません!

しかも、今回も本文中に出てきましたよね、カミュの『異邦人』。これを高校のときに読んだことがきっかけでフランス文学に興味を持ち、そのときに抱いた疑問を、去年ようやく卒論で自分なりに解明したわけですからね、ホントにワタクシの人生は、高見沢さんなしでは語れません☆

はさておき、昔、『蜂の王様』って小説がありましたよね。高見沢さんをモデルにした作品です。それはそれで面白かったですけど、今回は、当のご本人が、ご自身の体験も踏まえつつ書かれているわけですからね、どういう展開になるのか、楽しみに読ませていただきたいと思います。

しかし、他のページをペラペラとめくってみたら、面白そうな作品がたくさん載っていたので、元文学部、活字中毒のワタクシは、すっかり血が騒いで困っております(笑)。…西村京太郎さんとかね、昔ウチに本がたくさんあったのでよく読んでたし、しかも京都のお話だし←昔住んでたしね、そのうち読んでみようと思います~。…電子書籍版があれば、お風呂でもどこでも読めるのに(もどかしい)。