スタートレック:ピカード

以前から、制作しているとの噂は目にしていたのですが、いつ放送されるのか?と思っていたら、

パトリック・スチュワートさんのツイートが目に入って、”…globally on Amazon Prime Video”ってことは~と、プライムビデオを見てみたら、あるじゃないですか~!!!いや~、この日ほど、プライム会員でよかったと思った日はありませんでした☆ しかも、俳優さん本人のツイートを目にすることができるようになっただなんて、そしてアメリカと同じ日に見ることができるなんて、時代は変わりましたね~☆

ってことで、今日は『スタートレック:ピカードについて』☆ 久々にスタートレック愛を爆発させながら(笑)、書いてみようと思います。

―スタートレックとの出逢い―

遡ること20年以上前(笑)?スーパードラマTVでたまたま新スタートレックのシリーズを見たのが、事の発端です。もともとSFは好きだったんですけど、一番惹かれたのは、ワープスピードに入ったとき、窓の外に星が流れる風景が凄く綺麗だったこと(←そこ(笑))!!!あと、日頃から太陽が嫌いなので、窓の外がいつも夜なのっていいなぁ~と(笑)。

でももちろんそれだけではなく、エンタープライズのクルーの個性がそれぞれ際立っていて、「願わくば、宇宙艦隊に就職したい」と思いましたよね(笑)。特にワタクシは、データ少佐がとにかく好きで!その後、映画版でデータ少佐が亡くなったとき、映画館でマジで号泣しましたよね。。。そしてDVD買ってまた号泣みたいな。。。

あと、ピカード艦長に感化されてアールグレイを飲んでみたら凄く美味しくて!それから紅茶を頼むときはいつも「アールグレイティー、ホットで」とお願いしています。

なのですが、一つ問題が。

スーパードラマTVでは、吹替しか放送されていなかったので、初めて映画館に観に行ったとき、それが字幕版だったので、誰が話しているのかさっぱりわからなかったんですよね(汗)。それまで、2,3周するくらい何度も見たシリーズなのに、声がわからないなんて(涙)。でもそれ以降は、必ず字幕で、しかも何度も見ているので、今ではすっかりオリジナルの俳優さんの声が定着しました~。また、スラングがないから、英語が聞き取りやすくて、英語学習にもいい☆

あと、大学の総合科目では物理を取ったんですけど、そのときに、タイムトラベルについてレポートを書いたんですよね。一応ドラマのおかげで、ワープ1が光と同じ速さで、ワープ10になるど、理論上宇宙のすべての場所に存在していることになる(つまりありえない)ということは知っていたのですが、アインシュタインの相対性理論によると、光速より速く移動するものは存在しない、ということになっている!だったら、エンタープライズは!?と思っていたら、スタートレックの世界では、船が光速の何倍もの速さで移動しているのではなく、空間ごと移動してるので、相対性理論には反していないらしい!!!ってことが分かり、嬉々として書きましたよね(笑)。

それから、現実社会でiPadが出てきたとき、スタートレックの世界だぁ~!!!とやたら感激したことも覚えています。エンタープライズでは普通に、タッチパネルやタブレットが使われていて、あれを見るたびにカッコイイなぁ~と思っていたんですよね。『2001年宇宙の旅』では、自動ドアとかクレジットカードなどが登場していて、それが今では現実で当たり前に使われていますが、24世紀の技術も先取りできているってことは素晴らしいなぁ~と☆ 関心しきり☆

あと、ピカード艦長のおかげで、ハーマン・メルヴィルの『白鯨』に興味を持って、アメリカ文学のレポートでは『白鯨』について書いたこともありました。他にも「コバヤシマル」のエピソードって、たまに他の作品でも出てきますよね。最近だと、『スーツ』の第8シーズンでも「コバヤシマル」の話をしてて、思わず画面に釘付けになった(笑)。まあとにかく、人生に大きな影響を与えた作品なのであります!…ちなみに、新スタートレックシリーズ以外では、ヴォイジャーは全部見てる☆

でも、さっき書いたように、データ少佐が亡くなったので、続編は作られないと思っていたのですが…。

   

↑クリック1つで映画を見れるようになったっても素晴らしいですね~。

―スタートレック:ピカード―

 
(字幕版)        (吹替版)

ということで、早速『スタートレック:ピカード』を見てみました。…第1話、冒頭から、いきなりデータ少佐が登場!!!!!!!!…夜中にお風呂で見ていて、思わず叫びそうになりましたよ(笑)。つかみは十二分にOKです☆

ってことで、ややネタバレが始まりますよ。

そのあと、話が進むにつれて、データ少佐の娘であるアンドロイドの話であることが分かり、無条件で、これ好き!!!続きが気になって仕方ない!!!で今に至ります☆

―気になる点いろいろ―

データの娘ですが、データはボブっぽい髪型が好きなのかな(笑)?TVシリーズでも、ラルという娘を作ってましたよね。いや~、似てるなぁ~なんて☆

…データ少佐が年をとった、というツッコミは無粋。

あと、沖縄の施設にいたアグネス・ジュラディ博士を演じている人、どこかで見たことあるなぁ~と思っていたら、『ニュースルーム』に出てた人なのね… ワタクシは第2シーズンで挫折しちゃったけど。それはさておき、沖縄も出てくるとか、日本人としてはやっぱり嬉しいですね☆

ピカード艦長は出てくるものの、他の登場人物はほとんど知らないし、今まではやっぱり宇宙空間での話が中心だったから、地上の話がずっと続いていることに、ホントにこれ、スタートレックの世界なのかなぁ~とイマイチ入り込めない感がありましたが、3話まで来てテンションが急上昇しましたね!ピカード艦長の”Engage!”を聞けて、あ~たまらん♪ と、これまた夜中に大興奮なのでした(笑)。

ちなみに、最初1話と2話は先に吹替版で見てしまって、あとあとちゃんと検索したら、字幕版もあるじゃないか!!!って感じになったんですけど、吹替版のほうも同じ方が吹き替えていらっしゃるのは感動的です♪ 麦人さんにせよ、大塚芳忠さんにせよ、今でもお声を耳にする機会はありますが、ワタクシの中では、お二人はやっぱりピカード艦長であり、データ少佐です♪

あと、4話、5話は、ライカー副長を演じていらしたジョナサン・フレイクスさんが監督を務めていらっしゃるようですし、もちろん、ライカー副長も、ディアナも、ガイナンも、『ヴォイジャー』のセブン・オブ・ナインも出てくるみたいなので、とにかく楽しみ!!!

日本時間では、毎週金曜日に配信されるようなので、楽しみにしていま~す☆

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください