5/13 BEST HIT ALFEE 2018 春ノ巻 at ロームシアター京都

ロームシアター(旧京都会館)が凄く久しぶり~だったのは、改修工事、からの、去年の春ツアーは返金の憂き目に遭ったからでした(すまぬ)。。。ということで、今回は友達にお願いしたら、見事にチケットをゲットしてくれました(感謝)!

しかし、この日はあいにくの雨。。。ワタクシは、超絶晴れ女で、どこにお出かけするときもピーカンお天気なのですが、激しい雨… なんてこった(汗)。ということで、母校のキャンパスツアーからの、羽生結弦展を見に行ってきました~。おかげで、開演ギリギリに到着(汗)。急いでいたので、お写真もままならず(汗)。いそいそと2Fへ… グッズも入り口も2Fになったんですね。

しかも、一番近いドアから入ったので、会場の様子をあれこれ見ることはできず、間に合うように着席するので精一杯。ちなみにバルコニー席だったんですけど、座席が完全に横向きなんですよね… ちと見にくいのではないかと心配(汗)。そして、約10分押しで、開演~。

 

ここからは、ネタバレ満載でお届けしますので、お気をつけください。

また、あくまでも個人の記憶に頼って書いておりますので、正確ではない部分が多々あると思います。そのあたりは温かい目でご覧くださいませ。

 

メンバーさんたちがセンターから登場。イントロが始まるものの、この曲何???でも、歌が始まったら分かりました。

1. Shadow of Kingdom

前回のアルコンは、一昨年秋の福井かな?卒論締め切り直前のライヴで、ヘロヘロ&余韻もへったくれもなくて、ほとんど記憶にございません(苦笑)。という感じで、ここ最近、あんまり参戦していなかったので、戸惑う戸惑う(汗)。

2. STARSHIP ー光を求めてー

高見沢さんは、黒とゴールド、ノースリーブのお衣装でした… よね?「熱い口づけを~♪」のところの声が伸びやかで、おぉ~!!!素敵♪

3. THE AGES

懐かしい曲連発で、ちょっと調子が出てきましたよ~的なワタクシ。でも、やっぱり角度の関係で、桜井さんが見にくい(汗)。

ーMC坂崎さんー

いつものように、軽くご挨拶。

4. 勇気凛々

一応、数日前にセトリを見てみたら、この曲だけ知らなくて検索(苦笑)。最近のはよく分からない(汗)。けど、こういう曲なんだ~とお勉強… ポジティヴ(笑)。

5. SWINGING GENERATION

なんか盛り上がってきた~!

6. A.D.1999

からのこの曲で、ようやく昔の勘を取り戻し、ライヴモードに入りました(笑)!この曲を聴いていたら、LIVE IN PROGRESSを思い出したんですよね。当時京都に住んでましたし!京都会館も行きました!… そう、たまたま、お昼に、久しぶりに母校を訪れたところだったので、一気にノスタルジックなモードに♪

ーMC坂崎さんー

まずは恒例のアンケート。昨日来た人~!が半数以上!

坂崎さん:今日は、この春のツアー12本目で、こなれてきたかな~という感じです。初めてのみなさんは、今からお呼びする方がどんな衣装で出てくるのか、お楽しみに。

的なフリから、星降る街角が流れて、下手からは青い法被を着た桜井さんが、上手からは、一輪の薔薇を持った高見沢さんが登場して、二人で熱唱(笑)。途中で、高見沢さんが桜井さんに薔薇を渡して、観客から大歓声が(笑)!また、その間手持ちぶさたの幸ちゃんは、両手の人差し指を左右にくるくると回して踊っていたのがかわいかったです☆

坂崎さん:昨日はファッションショーをやってたのに、今日は違うじゃない。

桜井さん:これぞホントの、法被(ハッピ)ー&(高見沢さんの衣装を指差して)ブルー(観客:爆笑)。

高見沢さんは、白いキラキラのパンツに、モスグリーン的なキラキラのロングジャケット… かと思っていたのですが、桜井さんのお言葉にあったように、薄いブルーだったようです… ライトのせいかな?ま、ワタクシは目が弱い(苦笑)。

そして、パンフレット紹介のコーナーになって、高見沢さんは途中まで丁寧に一ページごとに観客に見せてくださったあと、中でもとっておきの写真の拡大バージョンパネルを見せてくださいました。高見沢さんはイカの着ぐるみ姿(何故にそんなに笑顔(笑))、幸ちゃんはネコの着ぐるみ姿、桜井さんはタヌキの着ぐるみ姿のお写真からの、「しょうじょうじのたぬきばやし」…ですが、歌詞が「ぽんぽこぽんのすっぽんぽん!」(しかも腰を動かす(笑))で、観客はどんどん引いていく(笑)。

桜井さん:ほら~!こんなに引いちゃって。3回もやらなくていいじゃない!1回で分かるでしょ!

桜井さんが苦情を言っても、通るはずがありません(笑)。

その後、パンフにはステッカーがついているという話になったときに、高見沢さんが一枚桜井さんのおでこに貼って(笑)、法被の方はそのままお帰りになりました(笑)… 法被を脱いで出ていらした桜井さんは、おでこのあとを気にされていましたよ(笑)。

坂崎さん:それでは、1987年の… 87年の曲を。(2度おっしゃった(笑))

7. 君が通り過ぎたあとに

8. 泣かないでMY LOVE

9. ONE

観客の反応によると、着席パートの曲は変わっていたようですね~。君が通り過ぎたあとにが聴けて嬉しかったです♪

ーMC高見沢さんー

高見沢さん:昨日来た人!

やはり半数以上の観客が挙手。おそらく、この反応を見て、昨日とは違うことを話そうとお決めになった様子(笑)。で、まずは、7月13日に単行本を出します、という宣伝から、

高見沢さん:兄貴の部屋の本棚には、外国文学がたくさんあって、そのあたりが親父とは違うなと思っていたんですけど、中学のとき(だったかな?高校のときかな?曖昧ですみません)トルストイの『戦争と平和』を読んだんですよ。そしたら、登場人物が多すぎて、途中で、コイツは誰だ?って、まるで誰かさんのようになったわけですけど(と坂崎さんのほうを見る(笑))、本を読むと、そうやって登場人物を覚えたりするので、記憶が鍛えられるそうなんですよね。だから、みなさんにもそういう機会を、提供していきたいと思うわけですけど…。

ロシア文学は難しいですよね。本名が長い上に、それぞれに愛称があって、両方覚えなきゃいけない(汗)。ワタクシも苦手です。。。

高見沢さん:実は今日、本屋さんに行ってきたんですよ。(観客:おお~!)ちょっと探し物があって。で、今は、こういう四角いので、どこにあるか調べられるんですよね。ただね、あれ、パソコンの配列にならないのかな?「点々」とかどこにある~?ってなるんですよ。(そういえば、あいうえお順になってますよね)

高見沢さん:(坂崎さんを見ながら)お前知ってる?… いや、コイツは、読む本が違う… 図鑑とか見てますからね、アロワナ(ナントカ←思い出せない(汗))キャットフィッシュ?

坂崎さん:ん?(そんな生き物いねーよ!って顔(笑))

高見沢さん:アロワナ…キャットフィッシュ?

坂崎さん:キャットフィッシュはナマズだよ。

高見沢さん:じゃあ、ドッグフィッシュはウナギ?

二人で顔を見合わせて、はぁ~?って顔(笑)… ウナギは、eelですよね(笑)。今調べてみたら、ドッグフィッシュは「ツノザメ」のことのようです。

高見沢さん:桜井は知ってる?今は、本がどこにあるか調べられるんだよ。店員さんに聞かなくてもいいんだよ。

桜井さん:(無言)。

高見沢さん:片っ端から探さなくてもいいんだよ。

桜井さん:店員に聞く。(観客:笑)

高見沢さん:桜井は、そういうの、端から使ってないですからね。…今は、フィッシングとかがあるので、ここの二人(高見沢さんと坂崎さん)は、インターネットとか気をつけないといけないんですけど、桜井は、その心配が全くない。それは素晴らしい!(観客:拍手)

高見沢さん:そんな…(聞き取れず)からインスパイアされて書いた曲を。

…そうなんですよ、全体的に音は聞こえやすかったですが、ときどき、MCが聞き取れないことが(汗)。

10. 春の嵐

「懐かしいチャペルの鐘」で、明学のチャペルを思い出しました~。明学へは第二の母校からお散歩に行きました☆ それとともに、ワタクシもまた京都の母校(チャペルがある)を思い出して、ノスタルジーに浸りました♪

11. Nervous Breakdown

コーラス、綺麗だったなぁ~♪

12. 誓いの明日

13. Mind Revolution

精神系の歌を歌われると、凄く考え事に耽ってしまって、あぁ、ライヴ中なのに!ってなる(苦笑)。でも、それってワタクシには最高の贅沢なのです。生音聞きながら、考え事だなんて非日常☆… なんか最近、ゆっくり考え事をするのもままならない感じだったので、たまにはそれもよかろう的な(笑)。

14. GATE OF HEAVEN

おぉ!懐かしい~。3DAYSのLD(笑)でこの曲を聴いて高見沢さんにフォーリンラヴしたワタクシには、初心に戻るいいきっかけになりました!やっぱりええわ~♪

冒頭の「そばにいればそれだけで~」あたりを歌いながら、高見沢さんがサングラスを外して、しばらく手に持っていて、ギターに入る直前にマイクスタンドの、置き場?的なところに置いていました。そして、途中でギターチェンジ… エンジェルちゃん、光ってる~☆

15. 星空のディスタンス

そして、王道曲で、本編終了~!からの、客席を立つ方の多いこと、多いこと。ちょっとビックリしました。間に合うように戻ってきてくださいね~。

ーアンコール1ー

16. Take it easy

ヒッピーのような(?)お衣装の高見沢さんが、司会を務めて、BEST HIT ALFEE カラオケ歌合戦。

まずは、着流し姿の桜井さんが、「世界の国からこんにちは」を歌いながら登場。

桜井さん:お客様は、金づるです。(なんて露骨な(笑))

で、高見沢さんが名前を尋ねると、桜井さんは、歌舞伎の口上みたいな感じで、今日は来てくれてありがとう的な言葉を述べます。

高見沢さん:だんだんうまくなるね~。いや、そうじゃなくて、名前は!(と、しばしのやりとりの後) 得点は… (電飾付きの箱から、1枚紙を取り出す) 98点!

そしたら、桜井さんが、その箱しょぼいね、的なことを言って、

高見沢さん:これは、デジタルならぬ、手ジタルだからね… (電飾用のスイッチがある(笑)) それに… (箱の中をガサガサとあさって、数枚の紙を取り出す) 実は、全部98点なんだ!

桜井さん:あ~!!!まだ12本目なのに、バラしてどうするんだよ!

高見沢さん:あ~(やってもうた的な顔(笑)のわりに、悪びれていない(笑))!!!

そして次の方~と、これまた着流し姿の坂崎さんが登場して「そして神戸」を物真似混じりで歌います。ここは京都なのに、何故に神戸(笑)?そしてまた、名前は?って質問から、幸ちゃんの口上が始まって、うまくなったね!からの、得点は…。

高見沢さん:(箱から紙を取り出し)98点!

桜井さん:もう、みんな分かってるし(その通り(笑))。

高見沢さん:98点なのは、今日でやめる!

ということなので、今後参戦されるみなさん、お楽しみに~(笑)。というか、このコーナー、センターに置かれた大きな譜面台の原稿をせっせと読むだけのコーナーなんですよね(笑)。わりとどうでもいいというか(笑)。相変わらず、高見沢さん無駄に頑張ってるなぁ~とか(笑)。

その後、同点決勝ってことでじゃんけんで決めようとしたら、桜井さんから苦情が出て、○×クイズにしようということになり、でも早押し的な感じになったり、超意地悪な問題になったりして、とにかく桜井さんをおとしめる作戦(笑)。そしてそれに対し、桜井さんからは苦情の嵐(笑)。

桜井さん:お前な、朝の4時に「法被を用意してくれ」ってなんだよ!スタッフも大変なんだから!「絞め殺してやる」って言ってたぞ!

法被の件も急に決まったんですね(笑)。

で、結果は、「着物の小さいおじさん(だったと思う)」の勝ち!… でもその名前の件でも散々やりとりがありました。

多分高見沢さんが「みなみさん」って言って、「どのみなみさん、春夫さん?こうせつさん?」と誰かが返し、

桜井さん:こうせつさんだろ。

坂崎さん:(物真似でちょっと歌う)

高見沢さん:ねえ、あれやってよ!水面に波紋がこう広がるやつ(ジェスチャー付き)!

そして坂崎さんが歌うと(すみません、聞いたことがある歌だったけど、タイトルが分からない(汗))、高見沢さんが振りかぶって、石を投げ込むポーズ(効果音付き(笑))!

桜井さん:お前、そういう歌好きだろ!

でも、頑なに、うんと言わない高見沢さん(笑)。

そしてグッズ紹介のときは、手ぬぐいと、メガネポーチがすでに売り切れで、「だったら、この項目最初から消しとけよ!」と桜井さんから苦情が(笑)。

そして、リップクリームの紹介では、桜井さんが凄く念入りに塗り塗りして、そのまま高見沢さんに近づき、高見沢さんが逃げる逃げる(笑)!で、高見沢さんがこれまたグッズの鏡を渡すと、桜井さんは自分の顔を見ながら、気持ちわりぃ~と言い(笑)、

桜井さん:あ、唇の上に毛が生えてる!

高見沢さん:それは髭!20代の頃から生えてるし!

で、何か言っては、毛が抜けるだの何だので、相変わらずのじゃれ合いっぷり(笑)。

最終的に、高見沢さんが、そんな和的なものじゃなくて、もっとロックをやりたいとか言い出して、桜井さんは、法被から黄色いジャケットに着替え、「We are the champion」からの、高見沢さんが、こんなところに帽子があるよ!発言で、更に「勝手にしやがれ」を歌って、このコーナーは終了~。

17. Juliet

これまた、観客の反応からいくと、日替わりメニューだったんですかね?楽しい~!

18. 夢よ急げ

銀テープ、というか、カラフルなテープが飛びました。綺麗に1階席の隅から隅まで広がったって感じでしたね。

そして、坂崎さんの横にギターが運ばれてきて、

19. 悲劇受胎

曲の途中で、ステージ後方5箇所から、花火っぽい特効が上がりました。先日、「Another Sky」で、この曲ができた経緯について、話していらっしゃいましたよね~。そうそう、『夢幻の果てに』は、四条のJEUGIAさんに買いに行きました… でもどうも、このアルバムを聴くと、阪神淡路大震災のことを思い出してしまうわけですけど。はさておき、気持ちよく崩壊!いい運動~(笑)☆

そして、アンコール1回目は終了。

ーアンコール2ー

高見沢さんは、白いシャツに、黒のロングベスト&パンツで、シックな装い☆

20. 人間だから悲しいんだ

ーMC高見沢さんー

高見沢さん:京都2days盛り上がりましたね。ヴィンテージの会館が新しくなって、ファンのみなさんも新しくなったかのような盛り上がりで、ありがとうございます。

高見沢さん:アルフィーを長く続けていると、よく「仲がいいですね~」とか、「仲良しの秘訣は?」とか聞かれたりするわけですけど、別に仲がいいわけじゃないし。そう言われると、「そんなことないよ~」とか言いたくなるわけですけど、そうすると今度は「仲悪いんですか?」って聞かれて、いや、悪いわけじゃないって、思うんですけど。俺たちは別に、これが普通だから。桜井、坂崎、高見沢がいて、これが普通なんですよ。だから、例えば、高見沢しかいなかったら、バンドは3ヶ月で解散、坂崎しかいなかったら、笑って終わり、桜井しかいなかったら、何も始まらないみたいな(観客:笑)。

桜井さん:何も始まらないのかよ!

高見沢さん:ま、そんなことはないと思うんですけど(笑)。「人間だから悲しいんだ」という曲は、今だからこそ歌える曲なんですよね。例えば、86年のBAY-AREAのときの「Rockdom」は、あのときの俺たちならではの曲で、今でも心に残っています。だって、凄くない?みんなまだ知らない曲なのに、一緒に歌ってるんだよ?… そうやって、一生懸命覚えて歌ってくれたところに感動したわけですけど。だから、結成60年のときには、「天国はどこにある」とか、歌ってるかもしれないですね(観客:笑)。

その後、夏イベのお知らせ、アルフィーのお城で待ってます!とのことでしたが… 「Château of The Alfee」ってタイトル、某V系バンドを彷彿とさせますよね(笑)。でも「of」以降は英語だから、なんか不思議な表現だなぁ~なんて(小声)。そしてその後、関西は、来月フェスもあるし!という宣伝からの、

高見沢さん:「天国はどこにある」まで、これからもアルフィーをどうぞよろしくお願いします。

聞いてみたいですね、その曲(笑)。そして、最後にみなさんのために、とかいう前振りで、

高見沢さん:A LAST SONG

21. A LAST SONG

あ~、素敵素敵♪

大変満足なひとときでした~。

終演後にグッズを買いに行き… さすがみなさん、手ぬぐい狙いなんでしょうか、グッズコーナーはガラ空き、そして、お外の雨は上がっていたので、トランポのお写真を撮りに行き、

…写真撮りづらいんですよね。会館横には琵琶湖疎水が流れているんですけど、川の向こうからだと木が邪魔だし(汗)。で友達とも解散☆

その後、T’s Movieを見たら、高見沢さんが例の薔薇を持って、コメントされていました(笑)。楽しまれたようで、よかったです♪

帰宅後、BSジャパンの「辰己琢郎の葡萄酒浪漫」を見ました。脳科学者の中野信子さんと、高見沢さんがゲストで出演されていましたが、中野さんの発想が面白かったですね!そういう人好きです☆ 次回は、高見沢さんメインってことなんですかね?

さて、次はどこに参戦しましょうか~?レポの反響により考えます(笑)。何よりも、ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました。ライヴレポを書く感覚も、大分取り戻してまいりましたよ☆ 以上7366字でした(笑)。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください