ちょっと敏感すぎるHSPの話

実は、ここ数日ちょっと精神状態が不安定でして…。

3日連続で読書して泣いたせいか(ちなみに全部別の本です)、今日は打って変わって、何も感じないのですよ。凄く嬉しいこともあったはずなのに、まるで身体が感情に鍵をかけたみたいに、どよーん(汗)。

ということで、今日は感覚について書いてみようと思います。今年の夏くらいにとある記事を読んで、心当たりがありすぎる!!!と納得してしまった「HSP」という気質についての話です。

読んだ記事はこれです。

HSP気質とは?特徴と付き合い方まとめ

それとともに、チェックもしてみました。

HSP診断テスト

そしてその結果がこちら。

-HSPとは-

記事から引用すると、HSP(Highly Sensitive Person)とは「刺激に対して非常に敏感で、繊細な気質をもって生まれた人」のこと。「感受性が強いため、他人の感情が気になりやすく、ストレスを感じやすい傾向」があるんですって。

正直、テストをしてみたら、ある特定の分野だけは物凄く当てはまるけど、全然当てはまらない分野もあるな~という感じでしたけど、一部でもその傾向が強い人もまた、含まれるのだそうです。

ちなみに、ワタクシがとても当てはまってると思った点をいくつか紹介すると、

・ひとりの時間が必要

これは絶対必要!人と会う仕事をしているので、仕事の時間以外は一人でいたいと思ってしまいます。…最近はコロナの影響もあり、人と会わずに済むのは、本当に嬉しい。

・騒音が苦手

上のことと関連しますが、一人で部屋にいるときは、無音が理想。…昔は音楽がないと生きられない人間だったはずなんですけど(汗)、今となっては、テレビの音すら嫌で、ほとんどつけません。あと、今住んでる部屋は、車が通る音が気になるので、あまり部屋にいたくない… 閉所恐怖症だってのもありますけど(汗)。

あと最近、職場などで、ある特定の人の声だけがやたら耳について、凄くイライラしてしまうことに困っています… 声が大きい人は好きじゃない。あと甲高い女性の声は全く受け付けないので、いわゆるアニメ声っぽい方が出てくるアニメは見ませんね。。。

その一方、森川智之さんとか、諏訪部順一さんとか、武内駿輔くんとか、イケボの人はめっちゃ好き♪

・眩しい光が苦手

これは、ワタクシが片頭痛持ちだというのも関係していますが、北側以外は部屋のカーテンは閉めっぱなしですし、パソコンやスマホの画面も物凄く暗くしてあります。天気がいい日は、日傘必須。晴れの日嫌い。。。

・痛みに敏感

格闘技は絶対見れません… ゲームやアニメでも無理。見てるだけで痛そうで。。。とか言いながら、自分が痛いのはわりと平気で、注射は全然怖くない←めっちゃ針見る人(笑)。

・自己肯定感が低い

自己肯定感ゼロ… どころかマイナスだと思う。劣等感の塊。。。

 

あと他には、感動しやすいとか、音などに驚いたとき「ビクッ」としてしまいがちとか、一度にいろいろ言われると混乱しがちとか… とにかく、平和が一番だと思ってしまうので、「サプライズ」とかマジでいらん(苦笑)。あと、嫌いな生き物が出てくると困るので、Twitterでは画像表示はオフにしています。

ただ、人の気持ちについてはかなり鈍感なほうだと思いますよ(汗)。昔はもっと敏感だったと思うんですけど、自分自身が傷つきすぎて、自己防衛本能が働くようになったので、他人も同じだと思ってしまうところがあるかも。

そして先程の記事には、対処法も書かれています。その中にはすでに実行中のものもいくつかありました。

-HSP気質との付き合い方-

・意識的にアウトプットする

まさに、今やってるこの行為ですよ(笑)。ブログを書かないと、気持ちがだんだんモヤモヤしたり、ストレスが溜まったりするので、わりと定期的に書きたい☆

・趣味に没頭する

今でいうと大学のお勉強ですね~。ワタクシはわりとすぐ胃がやられるタイプなのですが、最近胃の調子がそこまで悪くないなぁ~と思ったら、どうやらお勉強を始めたからだということに思い当たりました。その代わり、お勉強がはかどらないとまたたく間に胃がキリキリしてくる…。

おまけに、一人でできることですし、レポートや試験でいい評価がもらえると、もれなく自己肯定感も高まりますしね、我ながらいい趣味だと思っています☆

・騒音をシャットアウトする

ノイズキャンセリングヘッドフォンは有効☆ …ただね、最近、ヘッドフォンの使いすぎか、左耳の調子があまりよくなくて、ノイキャンを全開にすると、鼓膜がビリビリする感じがするんですよね(汗)。ということで、今日は左耳には耳栓をしてからの、ヘッドフォンをしてみました… これならわりと大丈夫な気がする☆

・十分な睡眠時間を確保する

最近、全然起きれません(汗)。お昼過ぎとか、下手すると夕方くらいまで寝てます… ま、寝るのも遅いんですけど。以前は、ショートスリーパーだったことを考えると… 倍近く寝てますね(汗)。

 

ただ、ワタクシ自身は、さほど厄介なことだとは思っていません。何故なら芸術家って、こういう傾向ある人多くないですか?

例えば、『失われた時を求めて』という恐ろしく長い小説を書いたマルセル・プルーストは、「常に窓を閉ざし、厚いカーテンを閉めたままにして外気も光も遮断し、また部屋の壁をコルク張りにして音も入らないようにした上で、昼夜逆転した生活を送りながら、執筆を進めていた」(Wikipediaより) ←ワタクシと一緒やん(笑)。

芸術家って、普通の人とは違って感覚が鋭いから、芸術的な作品を書くことができるわけで… そういう意味では常軌を逸している人も多いですけど、それもひっくるめて、ギフトなんじゃないかと思います。

だから昔は、傷つきやすいこの感覚を活かして、あれこれ小説を書いていたのですが、文学部の終盤に、仕事と学業の両立がうまくできなくて精神が破綻した際に、そっち方面の才能が枯渇してしまったらしい(汗)。。。ブログのネタはいろいろと思いつきますけどね。

ちなみに、今回のHSPに加えて、ワタクシは他にもいろいろと過敏な要素があります。例えば、知覚過敏… 冷たいものは食べられない、さっきも書いた閉所恐怖症、そして集合体恐怖症… 都庁のピアノを見ると恐怖しか感じない(汗)、肌も弱くて、不織布のマスクとかストッキングはかぶれるし、日焼けもNG、貧乏をゆすりを目にした日には、気になって何も手につかなくなるから、視界から即刻抹消。

あと食べ物もダメなものが多いですね。生臭いもの全般がダメなので、基本魚は食べない… 煮干しとか昆布だしのものもダメ、鶏肉も味がしっかりついてないとダメ、パクチー、セロリとか香草もパス、片頭痛予防のためもあって、乳製品と卵も控えてるし、あとチョコレートも壊滅的にダメ…ファミレスのデザートって、なんでアイスとチョコレートのものが多いの!?食べられな~い。

こうして見てみると、どうやって生きてるんだって感じがすると思いますが、別にどうとだって生きられますよ(笑)。というか、むしろあまり生きていたくないので、どうにでもなれって感じです(本音)。いずれにせよ、それ以上に楽しいことがいっぱいあるから、わりとどうてもいい(笑)♪

…ほら、ブログを書いてると、気持ちが上向きになってくる~☆

そのことに関してですが、わりと好き勝手に書いているこんなブログを読んでいただいてありがとうございます☆ 好きなことで収益が発生するって、こんなに素晴らしいことはありません♪

できれば、みなさんにいろんなネタを提供していきたいと思っているので、お時間があればお付き合いください☆

ということで、HSPは別に病気ではないですし、こういう人もいるんだなぁ~、もしくは、こういう対処法があるんだなぁ~と思っていただければそれで十分です☆ まぁまぁ、人には何かしらありますよね?…発達障害っぽいところもワタクシにはありますし、そういうのもひっくるめて、人はみんな違うから面白いんじゃないですかね?

+5

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください