映画『彼らが本気で編むときは、』(2017)

ちょっとだけのつもりが、結局最後まで見ちゃったので、その勢いでいってみましょう~。

 

映画『彼らが本気で編むときは、』(2017)… 出演:生田斗真、柿原りんか、桐谷健太

母親が出て行き独りになってしまった11歳の女の子トモが、叔父のマキオの家を訪れると、そこには元男性の恋人リンコさんがいた。男性女性の垣根を越えて幸せそうにしている2人の元で、トモは心を開いていくが…。

斗真くんがトランスジェンダー役、ということで凄く話題になっていた映画ですが、メインはそこじゃないですよね… みんな辛くて、幸せになれない。あれ?途中までそんなつもりで見てたんじゃなかったのに。。。

そうですよ、映画の途中までは、リンコさんは、社会に溶け込んでいて、リンコがさんが周りのみんなをも幸せにしてくれるんじゃないか、という展開を予想していましたし、タイトルにもなっている、編み物、の正体がそんなものだったなんて(笑)!と、くすくす笑ってしまうシーンも随所にあったりして、心温まる映画なのかと思いきや、トモのクラスメイトの男の子と、その母親とか、トモの母親とかが出てきて、ラストがそんなことになってしまうと…、ワタクシの過去のトラウマ大復活映画じゃないですか、的な(苦笑)。

映画の見方はいろいろあるでしょうけど、ワタクシは、あくまでも子どもを主人公にして、自分の子どもの頃と照らし合わせながら見てしまいました。…いやはや、10歳の頃生きるのが辛くてね(苦笑)、ワタクシの死にたがり病はそこから始まっているんですけど… こんなに長生きするとは思ってもみませんでしたよね(笑)、映画の中の子たちは、その後トラウマになっちゃうんじゃないかと心配でたまりません。

もっと子どもたちのことをちゃんと守ってあげなきゃ!と同時に、子どもたちにももっと選択肢を与えてあげたいですよね。家族と一緒にいれば幸せだなんて単なる幻想ですし、学校以外にも行き場があっていいと思いますし、大人とか周りの人に振り回されるなんて、まっぴらゴメンですよね。

…ま、ワタクシに関して言えば、子どもの頃にインターネットがあったら、もう少し事情が変わっていたのではないかと思いますよね。もっと賢く生きるためのヒントがないか検索できますし、無料で高等教育を受けられたりしますし、お金を稼いで自立する道だってあります!…結局のところただの無い物ねだりですけど(汗)。

はぁ、ということで評価は☆☆☆☆4つ。いろんな意味でリアルですね~。芸術作品としては素晴らしいと思いますが、ワタクシ的には、折角長年のうつ病が治ったところなのに、また逆戻りしそうで超ブルーです(苦笑)。生きるのは、いつの世でも辛いんですね。結局は、現実から精一杯目を背けるしかないのでしょうか(苦笑)。

でも、ちょっと、編み物したくなりました!…昔はセーターとか編んだこともあったのに、今は全然ですもん。いずれにせよ、編み物に限らず、自分だけの楽しみ、とか、気を紛らわせる方法というのは必要ですね。特に、作り上げて完成形が目に見えるものに取り組むというのは、いい方法だと思うので、とりあえずフランス語の勉強頑張りま~す♪

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください